忍者ブログ
時折心に募った涙の滴・又アイディア等を、天然な管理人うさが綴る心の日記デス^-^。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[02/17 onesimo]
[02/17 onesimo]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天然うさ
性別:
女性
趣味:
色々あり♪
ブログ内検索
[13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私は、なんだろぉ・・、色々悩む事や心配事を持つ事も時にはあるけれど
長い時間とか持続しての、悩む気持ちや心配する気持ちを持つ事が私に
とっては、ないに等しい程、私は結局心配性ではないんだよねぇ。。*^-^*

そんな私には、身近な家族に、心配性の父の存在がある。まぁ、母もそう
だとは思うけれど、大体の事には「何とかなるさ~」って感じで、私も母も
そう思って過しちゃう性分だから、どんな悩み事や心配事があってもね、
喉元過ぎれば、何のことはなぁぃとか、そんな悩んでたとか心配してた事
も忘れちゃっている。 忘れてるっていうより、忘れようと思うし、気持ちが
すぐ切り替えれるし、切り替えようと思う前に、そうなってる?って?あは。

姉二人は、私とは違うタイプ。それでも、次女の姉の方は、私が似てる?
のかな、母に似てるのかな、まあ、母&次女の姉&私は、似てるかな♪
上の姉が少し、父に似ている。 上の姉は、私とまったく似ていない。
でも、母とは少し気性が似ている。そして、姉二人はまったく似ていない。
不思議・・。似てるところと、まったく違うところって、ナゼか組み合わせの
人間関係の中で、出てくるよねぇ。 私も母に似てるけど、まったく似て
いないところがあるし、 父とまったく似てないと思いつつ、「えー!似てる
?そっくり??」ってところもあるし、なんだろぉ・・肉親って、不思議。

そんな私の身近な、肉親の性格の中の一部分だけだけれど、心配性な
点だけを、今日は日記にしちゃっているけれどね、つぃ、さっき、家族の中
で一番心配性な父が、父が毎日ゆっくり寛いでいる部屋で、色々な万病
の症状もあるので、初めてという訳ではないんだけれど、急にしんどぃと
倒れてしまった。 椅子に座っていた父が、部屋の床で身動きせずにね
横たわってしまって。 夜遅くまで用事で出かけていた母が、ついさっき
帰ってきたばかりのところ、「ただいま」と父の部屋へ声かけに行ったら
そんな状態の父を見た母は、「○○~!」と、他の部屋に居た私の名前を
大きな声で呼ぶので、びっくりして行ってみた私も、その様子を見て
心臓が飛び出しそうなくらいびっくりして、父に駆け寄った。

父「・・・(動かない)」
母「お父さーん大丈夫?」(倒れている父の首&肩ごしに腕を入れる)
母「○○、お父さんのまくら!」(私に声かける母)
私「はぃ!これで姿勢を正してあげて」(母にまくらを渡す)
母と私で、父の変な姿勢で横たわって動かない父の身体を少し直すと
父が少し、自ら動いてくれた。でも、横たわったまま、また動かない。

そんな状態を数分間したあとで、しばらくしたら、父の口元を見ると
口が動いて、声がした。
父「・・・ん?帰ったのか?大丈夫だから。。」(母を見て、私を見る)
母と私は、少しホッ。 それでも、何かしなきゃって思うのだけれど、
父「もう大丈夫だから」と、何度も言う。 

その数分後には、父が自らの力で、ふらふらしながら立ち上がり、
元座っていた椅子に腰掛ける。
父「もう大丈夫だから、皆はそれぞれの用事をしたり、ゆっくりと
  1日の疲れを取りなさい」って、私達に声かける。

そんな出来事のあとは、いつも通りの夜。 父に、この日記を書く前に
もう一度私は心配になって、声かけた。「もう、本当に大丈夫?」と。
父「ありがとう、本当にもう大丈夫だから」と、返事が返ってきた。


最近すごく思う。。 両親共に、今年の誕生日で父は71.母は70。
高齢者の年代に、本当になったんだナァと、ナゼか毎日一緒に過して
同居している私なのに、何気ない普段の平穏な中では、改めて感じなく
今日のような倒れた状態を見て、本当にはっきりと思い知らされた。。
本当に、強かった父も、元気な両親というイメージも、現実の今、そんな
イメージを持っていたら、こわぃなぁと、私自身、強く心に反省した。。

3姉妹の末娘。それが、40代になった今の私でも、同居している両親
に、沢山の心配をかけさせ、いっぱいの甘えもさせてもらい、過している
そんな毎日。 楽をもし、毎日させてあげられていたら、父はもっと元気
で居られるだろう。 そして、それは母に対してもそうだと思う。。

心配性の父。。  さっき倒れた時、動けないのに、口から言った。
父「色々な心配ごとがある。それでもその相手はそれ程心配しても
  何事もない顔。。 疲れた。。」と。 
(こう言った数分後には父、またいつものごとく、一杯の心配事を言う)

私は思う。心配するって、精神力がいるよね。気力がなけりゃ、大変だと
思う。 そして、心配できる人って、凄く優しい人だと思う。
私は自分の事を心配性でないと思うので、心が冷たいなぁと時々思って
いるんだけれど、心配性でもある自分を見つめてしまった。感じた。。

。。とにかくも、父から今夜、いつもの様に笑顔が見れて、良かったな♪
心配性な父へ。いつもありがとう。そして、そんなに自分を疲れさせない
で過して欲しい。 いつまでも元気で居て欲しいから。身体に気をつけて。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
聖書より
明日のことまで思い悩むな。

明日のことは明日自らが思い悩む。

その日の苦労は、その日だけで十分である。」 マタイ6:34
onesimo URL 2011/02/17(Thu)12:53:05 編集
聖書より
明日のことまで思い悩むな。

明日のことは明日自らが思い悩む。

その日の苦労は、その日だけで十分である。」 マタイ6:34
onesimo URL 2011/02/17(Thu)12:53:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
TOP